資格を取るとこれだけのメリットが

今行っている仕事の幅が広がる

社会人になると、会社などの組織に入って仕事をします。最初は何も知らない状態ですが、社員教育を受けたり、同じ部課の人たちに教えてもらったりして徐々に仕事を覚えていきます。どんどんできる仕事も増やして行けます。ただ、学生時代の知識や仕事上教えてもらう内容には限界があります。何となく仕事はできているものの、それ以上の仕事ができない状態になるかもしれません。この時は資格取得に挑戦すると良いでしょう。今行っている仕事に関連する内容のものを取得すれば、より幅の広い仕事ができるようになります。逆に今の仕事とは少し異なる分野の資格を取ると視野を広げられます。直接仕事に関連しない資格でも、新たな考え方などを見に着けられるようになります。

資格手当があれば給料アップになる

資格には、国家資格や民間資格などがあります。国家資格にもいくつかあり、その資格を持っていないとできない仕事もあれば、技術や知識を認定する資格もあります。会社では、社内教育などで従業員のスキルや知識をアップするようにしていますが、目標などがないと積極的に受けてもらえないときもあります。会社によっては、所定の資格を取得した人に一定の手当の支給をしてくれるところがあります。取得にかかった費用を給料としてくれるところもあれば、合格時に合格祝い金をくれるところ、合格した後に毎月一定額を資格手当として上乗せ支給してくれるところなどがあります。毎月もらえるところであれば、取るだけで給料アップになります。難易度によって手当てが変わったりもします。