会社にとって何が必要なのか考えよう

社員の存在価値を高めるには

希望する企業に就職できた人もそう出ない人も、新社会人としてどんな仕事ができるか期待に胸を膨らませ入社してきます。入社当初は与えられた仕事をこなす人が多いかと思いますが、そのうち個々の能力によって仕事の処理に差が出来てきます。仕事がうまくいかない進まないと悩んでいる社員がいた場合、「会社にとって何が必要なのか」を考えさせると良いでしょう。すると会社が求めているベクトルと同じ方向を向いて仕事をすることができます。そういう社員教育をすると、社員もただ与えられていた仕事をする一作業者ではなく、会社にとって・・・という広い視野での思考を持って業務に取り組むようになり自分の存在価値を高めることができるでしょう。

絶対無二の存在になるため資格を取得する

仕事をする上での大事な思考が備わったら、次に、この人に仕事を頼めば安心だという絶対無二の存在になるべく資格取得を目指した方が良いです。資格を取得すれば、評価が上がり存在価値が上がるだけでなく、自分の能力を視覚化することができるので誰が見ても一目瞭然です。資格を勉強、取得する際も「会社にとって何が必要か」を元に取得する資格を検討しましょう。資格取得後は運用も的確に行うことが大事です。有能な人材を育てるためには、適材適所に社員を配置して、その能力を存分に発揮することが大切になるでしょう。
世の中は残念ながらパワハラなど圧力のある教育が多々あります。圧力ではない社員教育がなされ会社に必要な人材が育つ企業が増えると良いですね。